教育目標

 現在、我が国民の熱望する民主的文化国家の建設こそ、世界平和の基盤であり、また人類福祉の根幹である。この精神に則り制定された憲法・教育基本法・学校教育法・学習指導要領に準拠して、本校独自の教育目標を次の5項に定めて実施する。

  1. 学習はすべて自発的に行い、自学自習を重んじ、自己の能力と素質を最大限に伸ばす。
  2. 行動はすべて自主的に行い、自律自制を旨とする。
  3. 社会人としての意識を明確にし、和衷協同を旨とする。
  4. 社会人としての言動、礼法に注意し、感情を慎み、特に情操豊かな人となる。
  5. 節度ある学校生活を通じて心身の健康をはかる。
 

指導方針

  1. 学力の充実
     自発的学習意欲を高め、学力向上の基盤は平素の教室における授業にあることを自覚させ、これを生かすために学習は勿論、特に予習を督励し、自主的に学習の向上を図る。

  2. 体力の向上
     スポーツテストの結果などを利用して各自の基礎体力を把握させ、その向上に努めさせる。また、規律あるクラブ活動を行わせ、教科学習との両立をはかる。

  3. 社会連帯意識を高める
     生徒指導上決めてある諸規定を自主的に守らせ、身近な実践によって公衆道徳を身につけさせ、社会連帯意識を高め、公共の福祉に貢献する意欲を助長する。

  4. 学校教育計画
     ①グランドデザイン
     ②学校教育計画(平成28~31年)
     ③平成28年度学校評価報告書(目標設定)